• より使い勝手のよい電子契約サービスを求めてSignTime(サインタイム)の導入を決意

    株式会社エイチアンドアールグループ リースジャパン
    リースジャパン マネージャー ルイ・ビロド様
    利用プラン|プレミアムプラン
    業種|総合リース業
    会社概要|日本に赴任してきた海外の方を対象に車や家具のリース・販売・レンタル、自動車保険の手続きや車検などのサポートを提供。日本滞在中の不安やストレスを少しでも解消できるよう、各種手続きの代行や丁寧なアフターサービスを行っている。
    従業員規模|約70名
    契約書利用枚数|年間 約150〜200枚
    URL|https://leasejapan.com/ja/

    より使い勝手のよい電子契約サービスを求め、「SignTime(サインタイム)」へお乗り換えで導入いただきました。「SignTime」に決めた理由や実際にご利用いただいた感想をお伺いしました。

  • 海外の電子契約サービスより、さらに使いやすい

    サービスを知ったきっかけは、当社のITマネージャー在日米国商工会議所(ACCJ)での会議で、サインタイム株式会社の代表取締役のジム・ワイザーさんと知り合ったのがきっかけでした。SignTimeのサービスに興味があったので、連絡させていただきました。
    サービスの詳細を説明いただくと、海外企業が提供しているのと同等のレベルの高いサービスを提供していることがわかりました。また、無料トライアルで実際に利用してみると、二言語に対応していたり、セキュアな環境でありながらも簡単に書類が閲覧できたりと、海外企業のサービスよりさらに使いやすいと実感し、本格的に導入しました。利用していた電子契約サービスを更新するタイミングだったことや日本のローカル企業を応援したいという気持ちも重なり、SignTimeの導入を決めました。
     
  • SignTimeの乗り換えで、安全性は保ちつつ工数の削減が可能

    当社では、5年程前から電子署名サービスを利用していました。契約書の電子化について目立った課題はありませんでしたが、書類の暗号化の際に不便さを感じていました。
    私たちはお客様の個人情報を取り扱うため、暗号化に関して厳しいルールを設けています。署名依頼する際にはパスワードを付けることがあるのですが、署名が完了して返送される際もパスワードがついた状態で送られてきてしまい、自社サーバーに保存する際もパスワードを解除することができませんでした。そのため、署名された書類を閲覧するたびにパスワードを入力しなければならず、不便に感じていました。電子契約のフロー上は従来と変わらない運用ですが、SignTimeに乗り換えたことで、書類を閲覧するたびにパスワードを入力しなければならない不便さがなくなったため、更に使い勝手がよくなりました。SignTimeに変更してよかったと思っています。
  • 導入前の運用不安も無料トライアルで解消

    導入前、大きく2つの懸念点がありました。
    1つ目は従来と同じような運用ができるかどうか、2つ目はチームメンバーがどのような反応をするかでした。これまで利用していたサービスや運用を変える場合、抵抗を感じるスタッフもいると思いますが、自分たちで事前にテストをすることにより、両方の懸念点を解消することができました。
    業務プロセスがSignTimeで問題なく実施できることを確認できた後に本格運用を開始させました。サービスも使いやすかったため、特に困ったことはありませんでした。
  • 二言語対応で使い勝手がよく、顧客サポートの手間も不要に

    日本語・英語ともにネイティブレベルの二言語対応が可能なサービスを提供しているところに魅力を感じSignTimeを導入しましたが、社内ユーザーからも好評でした。従来のサービスでは自動送信されるメールはすべて英語だったため、日本語で業務を行っている送付先に対してはサポートが必要でした。しかし、SignTimeでは日本語で言語設定している場合は日本語でメールが送られるため、サポートする手間が省けたとの声がありました。
     2つ目はユーザーフレンドリーな(使い勝手がよい)サービスであることです。操作もすぐに慣れることができますし、送付先が書類を閲覧した際にも通知が届くため、無事受信できたことがわかるところがよいという声もありました。 また、サポート動画も的確で、知りたいことがすぐわかるよう作成されているため、他のチームメンバーもすぐに使えるようになりました。
    個人的には、署名が完了した際に発行される証明書がいいと思います。万が一、公的に書類を提示する場面があっても、この証明書があることにより信用度が高まると思います。
     
  • 便利なテンプレート機能と、開発要望へのスムーズな対応

    テンプレート機能は、同じ内容の書類をテンプレート化することによって毎度書類をアップロードする必要がありません。「レンタカーの同意書」や「ETC利用時の同意書」など、追加条項や変更の少ない書類に利用しており、便利に感じています。
    また、書類送信時に設定できるアクセスコードもとても良いです。導入当初は4文字までしか設定できませんでしたが、要望すると最大16文字までアクセスコードを設定できるよう開発していただけてとても嬉しく思います。
     
  • 要望をサービスに反映してくれるSignTimeに期待

    電子契約サービスの導入を検討されている方にSignTimeは、間違いなくオススメできます。二言語対応のサービスなので、海外とのやりとりもスムーズに行えますし、お客様の声を大切にし、開発を進めてくれるところも魅力的だからです。
    SignTime株式会社はこの電子契約サービスにかける想いが強く、お客様の声やアップデート時の情報共有などのサポートを大切にしていると思います。
    また、英語を日常的に使う人にとって、英語でサポートをしてくれるのはとても効率がよく、助かっています。
    今後、改善してほしい点や追加を希望する機能はいくつかありますが、私たちの要望をもとに開発を進めていただいているので、大変嬉しく思います。SignTimeのサービスにさらなる期待をかけたいと思います。
  • ご協力ありがとうございました。

    ※掲載している内容は取材当時のものです。

  • 導入のご相談

    導入を検討中のお客様からのサービスに関するご質問はこちら

    資料請求

    サービスについての資料をお求めのお客様はこちら

    無料トライアル

    30日間無料トライアルにお申し込みのお客様はこちら